大学教育でのA-Cell利用例

A-Cell には分子細胞生物学の研究での利用、薬剤開発の研究での利用、そして大学教育での利用の3 つの利用法がありますが、大学教育での利用例を作成しました。

生物系の研究科・学部・学科では広範な内容を講義することと思います。その中でA-Cell が活用できる17 例をご紹介しています。これには細胞機能を支えるタンパク質とその相互作用、生化学的手法の活用と適用限界、実験パラメータの事前確認、薬剤ターゲットの推定、複雑な細胞内メカニズムを統合することで相互の影響を理解する、などが含まれています。たとえばミカエリス・メンテンの式や競合阻害は生化学の教科書に必ず書かれており、講義でも必ず触れられると思いますが、具体的な理解をしてもらうのは簡単ではないと思われます。しかしA-Cell は各自のノートPC でシミュレーションをすることができます。その結果を見れば一目瞭然、具体的な理解に至るでしょう。

下記から利用例について書かれているPDFファイルをダウンロードして、大学教育でのご活用をご検討いただければと存じます。